パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Geekにおススメの運動方法は?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2008年08月02日 11時02分 (#1395401)
    経験上、運動そのものによるカロリー消費では体重は減らないです。
    やっぱり、筋力をつけて基礎代謝を増やすのが効果的。

    そのために、毎晩夜帰宅後に以下のことをしていました。
    ・ネットサーフィン中に後方および左右に固定した太いゴム紐(1センチくらいの太さのものがエクセサイズ
     用に売ってます)を腕で前後に引くことで腕の筋肉と胸の筋肉を鍛える。
     #マウスは左右両方の手で使えないといけません。
    ・しばらくの間(我慢できる間)椅子なしで中腰でネットサーフィン&スクワット。
    ・就寝前に腹筋(といっても、上半身を完全に起こす運動を繰り返すのではなく、仰向けに寝た状態から少し
     だけ上半身を浮かせる状態で腹筋が筋肉痛になるまで耐える)。 すこし左右に捻って腹側筋も同様。
    ・疲労させた筋肉を効率的に強化するために、豆乳(牛乳嫌いなので)にプロテインを溶かして飲む。
     (基本的に上記のエクセサイズは筋肉痛になるように行う。寝る前だから大丈夫。)
    ということと、休日は1週間~2週間に1回プールで泳ぐ、ということをしていました。
    筋肉痛は最初の1週間はつらかったですけど、その後は慣れました。結果、プールだけでは減らなかったのが
    一旦2キロくらい増えて、その後1年で12キロくらい減りました。
    が、結婚した後上記のことをやめてしまったのと、嫁が「肉大好き人間」で脂っこい料理に付き合わされるの
    で、4年かけてリバウンドしてしまいました(泣)。

    #当初はダイエットではなく緊張性頭痛の元になる肩凝り軽減が目的だったのですが・・・。
    • by Anonymous Coward on 2008年08月02日 14時02分 (#1395485)
      おっしゃるとおり、運動自体で消費出来るカロリーは少ないので、
      トレーニング方法としては、筋肉(それも肥大しやすい速筋)を
      つけて基礎代謝を増やす、という方法がベストだと思います。


      自宅でもでき、かつ効率的に速筋を鍛える方法として、私が現状で
      最も優れていると思うのは、東大の「筋肉博士」こと、石井直方教授の
      提唱する「クイック→スロー」です。

      「クイック→スロー」の詳細は、同教授の著書「体脂肪が落ちる
      トレーニング」に掲載されているので、それを参照いただければと
      思います。


      私は、この本の方法を平均週3回のペースで、1ヶ月ほど実践して全身を
      鍛えてみました。その結果、10数年ぶりに、割れ(かけ)た腹筋と
      ご対面することが出来ました。また、胸や腕回りも前よりも太くなり
      ました。

      さらに驚きなのは、筋肉が増えているはずなのに、体重がすでに1kg
      減っていることです。1日の総カロリー量の制限はしていません。


      「クイック→スロー」だと、1時間とかからずに全身を効率的に
      鍛えることができるので、おすすめです。


      食事制限については、上記の通りカロリー制限はしていないのですが、
      炭水化物の摂取方法を工夫しています。

      これも、「体脂肪が落ちるトレーニング」に掲載されていた方法ですが、
      朝はエネルギー源となる炭水化物を多めに補給し、夜は逆に、炭水化物を
      控えるようにしています。

      具体的には、朝はご飯を1膳半摂取し、夜は逆にご飯半膳にしています。

      こうすることで、体が朝に飢餓状態を感じ、脂肪をため込みやすくすることを
      防ぐとともに、夜に摂取した炭水化物が、脂肪に変化することを防いで
      います。


      今までレコーディングダイエットなどのいろいろなダイエット方法を
      試しましたが、ことごとく体調を悪化させるものばかりで、長続き
      出来ませんでした。

      しかし、上記の方法は、まったく体に負担がかからず、むしろ元気に
      なっているため、非常に優れた良い方法と私は考えています。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      「基礎代謝を上げれば痩せる」という魔法のような言葉をよく聞くのですが、それって本当でしょうか?

      例えば、厚生労働省から基準値を拾ってみると、(18〜29才の男性の基礎代謝)-(70才以上の男性の基礎代謝)=290kcal です。
      これを考えると、どれだけ頑張っても差はせいぜい100〜300kcal(およごおにぎり1〜2個)程度ではないかと思います。

      # そもそも、そう難しく考えなくとも、インプットとアウトプットを適切に管理すれば、必ず脂肪は減るのではないでしょうか。
      ## 要するに、消費カロリー>摂取カロリー に保てば必ず痩せるはずです。もし痩せなかったとしたら永久機関が作れてしまいます。
      • インプットを管理しようとして食事制限すると、おなかが空いて元気がなくなる、そうする
        とさらに運動量や基礎代謝が減って・・・という悪循環になるのでは、と思います。

        それでも無理して食事制限していても、どこかでやっぱり食欲に負けてしまう。
        そうすると、そのころには筋肉が落ちてさらに基礎代謝が減ってますから、余計に太りやすく
        なっているわけです。それで慌ててジョギングなんかしてみても、ご飯一杯分の250kcalを
        消費するには30分くらいジョギングしなければいけません。しかも、体力がなくなっている
        ので、余計につらいわけです。
        • > インプットを管理しようとして食事制限すると、おなかが空いて元気がなくなる

          食事制限にはもう一つ、弊害があります。

          それは便秘になりやすくなることです。

          これを克服するためには低カロリーでかさのある食べ物を
          食べればいいわけですが、おすすめはコンビニのおでんです。

          一人暮らしでも手間をかけずに用意できますし、最近は
          なつでも買うことができます。

          晩飯の前に大根とコンニャクとこんぶをがっつり食うと
          便秘知らずになります。
          親コメント

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...