パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許の報酬、相場は?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2002年09月17日 8時57分 (#167308)
    どんなに優れた成績を残した営業の立場はどうなるんでしょう。
    いくら優れてても、営業の力が不足したために日の目に当たることのなかった技術(特許)はいくらでもあるでしょうに。

    なんて言うか、エゴガキですね。
    • by joshkata (4660) on 2002年09月17日 10時09分 (#167351)
      味の素のケースでは、特許使用料での収入が大きいみたいですね。こうなると営業努力というよりは、特許戦略の勝利ですね。

      そもそも特許に関しては、自社での商品化による利益よりはロイヤリティや侵害発見による賠償請求の方が大きいですよね。

      要するに土俵が違うんですよ。営業努力があるからコンスタントに利益をあげつづけられるけど、一撃必殺という点では特許はそれに勝るわけです。一種の纏め売りですからね。一撃必殺は技術者の特権だと思いますよ。

      ちなみに「日の目を見る」「日の当たる」ですね。

      親コメント
    • あなた経営者ですか?雇われですか?

      経営者だったら、営業云々っていってますが、金払いたくないだけちゃうんかと云いたい。
      営業にも、報酬出せばいいだけやん。

      雇われなんだったら、この特許報酬がみとめられたら、開発職だけでなく、他の職にも特別報酬が認められる方向の一助となると思われますが。どうでしょう。特別ボーナスって嫌い?

      それとも、あなた、営業成績が悪くて首切られそうな崖っ縁君ですか?
      それなら、成績のいい、金いっぱい貰っている奴をエゴガキ呼ばわりする心理もわかるような気がする。

      あと、業績で給料かわるのいやなら、公務員でもしとれ。
      親コメント
    • そんなにお金が欲しいなら、営業やめて研究職に就けばいいやん。
      昔は、理系の人間だって、研究よりお金が欲しい人は文転してたからね。

      文系君が理転できるかどうかは知らないけど。
      親コメント
      • >文系君が理転できるかどうかは知らないけど。
        理系にも特許を取る可能性のほとんど無い職についている人もいるはず。
        文系理系がどうのなんて誰も話していないと思うが。
    • ビジネスモデル特許で報酬をもらうとか。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2002年09月17日 11時30分 (#167386)
      > いくら優れてても、営業の力が不足したために日の目に当たることのなかった技術(特許)はいくらでも
      > あるでしょうに。
      具体的に技術(特許)の名前を挙げて貰えるとありがたい。


      ところで、
      地方の中小製薬会社なんかだと、一件の優れた特許で何年も食い繋いでるところありまして。
      そういうとこだとその製品に関しては営業努力とかあまり関係なかったりするんですねー。
      営業さん達はその他の細々したものの売り上げを伸ばすのが主な仕事だったりします。

      処方薬専用の製薬会社はそういう一発屋が多いと聞いたような。


      ちなみにうちでは特許とれば褒賞金として2000円くらい貰えます。
      それ以外はなし。:-(
      親コメント
      • そういうとこだとその製品に関しては営業努力とかあまり関係なかったり

        でも,後発品との競争があるので医家向けの情報提供という名の 営業活動はやっぱりあるんですよ.

        処方薬専用の製薬会社はそういう一発屋が多いと聞いたような。

        一発屋(笑)の社員です.儲かるか否かは FDA の標準治療(薬)に 指定されるか否かが大きいかと思います.××は ○○が効かなかったときの 2nd チョイスだみたいに書かれると ××メーカーの儲け幅は小さくなります. 薬業界も winner get all 的性格が強いんですよ.

        --
        Koichi
        親コメント

        • 一発屋(笑)の社員です.儲かるか否かは FDA の標準治療(薬)に 指定されるか否かが大きいかと思います.

          その、FDA の標準治療薬に指定されるかどうかは、営業の力なんでしょうか?
          もしそうだとしたら、何かが間違っているように思えるんですが。
          親コメント
          • 指定されるかどうかは、営業の力なんでしょうか?

            それは本質的にはブツ(薬)の善し悪しで決まり, 営業次第で変わる性格のものではないです.

            ただ,その収載・認可のためには臨床試験が必要で, 臨床試験も特許と同様スピード競争ですから,特許だけで ウハウハ出来るもんではないよってことが言いたかったんです.

            --
            Koichi
            親コメント
        • > でも,後発品との競争があるので医家向けの情報提供という名の営業活動はやっぱりあるんですよ.

          いや、ホントにほとんど何もしてないとこだったもんで。
          そういうことしてる方が普通だとは思うんですが。

          今、次の一発を当てに行ってて、認可降りたら社員旅行はハワイだー、
          と社長が言ってるとか。

          やめた私にゃ関係ないけど。
      • by Anonymous Coward
        最近生産終了を発表したベータマックスを例に挙げたいと思う。
        どこが優れていたかというのは、走行系に負担がかかりにくくメカトラブルにあいにくい機構であったことで、業務用のベータカムシリーズがまだ続いていることを「日のあたるところ」と考えるかどうかというのはあるけど。
        VHSは2時間録画を可能にしていたがそれは単にカセットがでかいだ
    • 営業は営業成績で報奨金なりボーナスなりにつながるはずです。 開発がヒット商品を開発してくれれば、それだけ収入につながるわけです。

      ところが、当の開発はそういうことがあまりありません。 特許すら認められないとしたら努力の甲斐がなくなってしまいます。

      特許報奨金で開発が活性化するなら回り回って営業にも得になるのです。

      親コメント
      • 以外と忘れ勝ちなのが営業なんかの他職の人間も研究・開発のリスクを背負っているって事。
        ヘタしたら自分のタッチできないところの研究がぽシャッた為に会社が危うくなったり、最悪潰れたりもする訳でそれにより他職の給与も減らされたりするって事も考えてみた
        • というか、
          そういうリスクを下げるには、研究開発の設備や組織的体制を整えるのみならず、研究員のモチベーションもあげる必要があるので、特許報奨金は十分に払った方がいいんじゃないでしょうか。

          小泉首相の働きのリスクを我々もおっているので、首相
          • >そういうリスクを下げるには、研究開発の設備や組織的体制を整えるのみならず、
            >研究員のモチベーションもあげる必要が あるので、特許報奨金は十分に払った方がいいんじゃないでしょうか。

            リスクを下げる下げないではなく、他の社員にもリスクがあるってのをもうちょっと理解した方がいいのではないかな?
            研究中の人間ってのはその間は利益を出していないにも関わらず会社は飼っているんだから。

            業として発明を行うのであれば、それは本来給与に含まれるものです。
            ですので、その評価は「昇給」なり「賞与」なり「

            • >リスクを下げる下げないではなく、他の社員にもリスクがあるってのをもうちょっと理解した方がいいのではないかな?
              >研究中の人間ってのはその間は利益を出していないにも関わらず会社は飼っているんだから。

               だからさ、その辺は経営に関しての見解の違いっていうことで、色々論議してるんでしょ?ここだけじゃなくてさ。
               成果が出ないから研究開発費を削るっていうと、だんだん萎んでくんだよね、今の日本みたいにさ。あなたみたいにそんなことないって言う人ももちろんいるわけで、こればっかりは未来になってからでないと分からないよね。それでも違うって言い
    • 問題は、営業の業績はお金で見えるので評価しやすいんだけど
      技術者の業績って直接お金に現れないことが多いから評価しにくくて
      しかも管理・経営レイヤーに技術に詳しい人がいないと評価制度自体が
      なきに等しい状態で放置されてきちゃってるってことなんですよ。

      そういう意味では特許と言うのはある程度収入に対しての貢献度の指針になるんだから
      インセンティブの基準として使うには悪くないと思ってるんですけどね。

      例えば ProjectX みたいな技術掲揚番組があって、苦難を乗り越えての開発に感動を覚えることが多いんですけど
      当時の開発者として出てくる成功者たちに「大金持ち」が殆どいないと言う時点で、日本の技術者の扱いは間違ってると
      思っちゃうんですけどねぇ。
      親コメント
    • 営業というのは,営業に関わっていた社員全員を指しているのでしょうか?
      もしかして,営業でずば抜けてすごい人がいて,その人のおかげで売てたと言うことを言いたいのかなぁ・・・そうだったら,報酬はもらうべきだとは思いますが・・・
    • >どんなに優れた成績を残した営業の立場はどうなるんでしょう。

      営業には営業成績に対するインセンティブがあると思いますが?
      貴方の会社にはありません?
      特許のように(それだけで)利益が見込めれば、会社としてもなんらかの報酬を支払うべきでしょうね。んで、営業で何億円稼いでます?
      • > 営業には営業成績に対するインセンティブがあると思いますが?

        補足になっちゃいますが、従来理系の研究・開発者に対する インセンティブというものがほとんどなかった、というのが 日本の現状だったのです。GaN の青色発光ダイオードの中村氏 なんかが典型ですな。

        今ではその反省がなされた部分もあって、事実トヨタなんかは 青天井にしてますからね。20億ってのはふっかけ過ぎだという 話もあるかもしれないけど、アメリカでバイオ関連のこの手の 特許(しかも内容的には人工甘味料の合成に限定しないような) で発明者が得られる報酬を考えた場合、そう無茶苦茶な額でも ないと思います(認められるべきかどうか、というのは何とも 言えませんけど)。

        親コメント

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...