パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許の報酬、相場は?」記事へのコメント

  • 生涯賃金は文系のほうが理系よりも5千万円高い [mainichi.co.jp]んだそうな。
    学校でも苦労して、働くようになっても給料少ないのでは、
    理系離れ、研究者や技術者になろうなんて人が減る、なんてことになるのも判る。
    私は金が欲しいわけではなくて好きで技術系の仕事をしているのだけど、
    給料については独身だからあんまり気にならないだけで、
    結婚して子供ができて家のローンを抱えてとかなったら気にするようになるかもしれない。
    技術者の報酬を向上させることが「技術立国」再建への第一歩だと思う。
    • 技術軽視っていうのは俺も感じる。 いままでずっと技術屋でやってきたけど 歳とってくるとどうしても企画や管理の仕事を期待されるようになってきて、 そういうこともしないと評価は上がっていかないし、 若くてもそういうことができる人は俺の給料を追い越していく。 問題を技術力で解決できる、エンジニアリングって素晴らしい、 って思ってたけど、政治力も必要だなあと感じる今日この頃。
      親コメント
      • by kawamura (4373) on 2002年09月17日 12時55分 (#167442)
        恐らく色んな業界で言える事だと思うのですが、
        勘とかコツなどの経験に依存しない「技術の標準化」が進められてきた結果なのではないでしょうか?
        軽視されているのでは無く、割と一般化されてきた。
        それが日本という国柄なのだとしたら、技術立国とも呼べるのかも。
        #消去法で「技術」しか残らなかった?それも有るかも(笑)
        #まあ、その標準化された技術が人件費の安いアジア各国等に流出しているって話もあるが。。。

        人(ユーザであったり、技術者であったり)の相手をするのは標準化できないですしね。
        人間性とか性格、経験に左右され易いでしょうし。

        情報系だと若い人の方が、知識が豊富で技術的な事に関しても飲み込みが早いっていうのもありますから、ヤバイと感じる前に企画や管理の仕事もできるようになっておいた方が良いかも知れませんね。
        アレゲな親に育てられた子供達が社会に出てくる前に(笑)
        親コメント
        • by SteppingWind (2654) on 2002年09月17日 13時34分 (#167468)

          > アレゲな親に育てられた子供達が社会に出てくる前に(笑)

          そうなればいいんですけどね... 実際問題として, 技術を残せるようなアレゲな人は親になる率が少なそうです. たとえ生物学的に親になったとしても, 会える時間が極めて少ない状況では, 技術の継承はほとんど不可能です.

          学校? なに? 食べ物?

          親コメント
        • by Anonymous Coward on 2002年09月17日 16時12分 (#167541)
          >軽視されているのでは無く、割と一般化されてきた。

          消費者にすると、今ドキの技術者は単純労働者なのかな。(涙)

          生産者側が弱い立場におかれている現状を、国の弱体化につながる由々しき事態と感じています。
          生産者の源、一次産業なくしてその他産業は成り立たない。
          日本が資源に乏しい国とはいえ、外国の一次(二次も!?)産業に依存している。
          一次産業だって、技術者が居るし、必要なのに。

          消費者だけで世界が回ってるわけじゃないゾ!!
          三次産業もおごるんじゃないゾ!
          #三次産業従事者のはしくれなのでAC

          #深夜でバイト2人がてんてこ舞いの牛丼屋に来た若造の客5人組。「何で注文取りに来ねぇんだよ」、「茶がねぇぞ、早くおかわりよこせよ」、「いつまで待たせんだ、バカ」
          #隣の席で食べてて、牛丼が不味くなった。
          #『たかが280円の牛丼1杯で店員にわめき散らすんじゃねぇ。』
          #『てめぇらバイト中にツブしたろか!?』って、喉まで出掛かった。
          #客なら、金さえ出せば何したっていいのか。
          #サービス受けるなら、対価ってもんがあるだろ。
          親コメント
          • 自給率上げすぎると、貿易収支が黒字になりすぎてアメリカが車とかソニーとか買ってくれなくなるからじゃないですかね。
            で、円高、原価高、人件費高で、二次産業はアジア、の悪循環。
            そんな簡単な話じゃないのかな。

            # 「お客様は神様です」の真意(顧客満足優先)を誤解してる阿呆が多いんですかね
            # 「礼儀も恩義も知らん奴にはうちの牛丼食っていただかなくて結構なので、出て行けゴルァ」と店長が一喝するべきに一票

            親コメント
            • > # 「礼儀も恩義も知らん奴にはうちの牛丼食っていただかなくて結構なので、出て行けゴルァ」と店長が一喝するべきに一票

              いやほら、一応チェーン店だからさ、店長にそんな権限は・・・
            • おまえもバカだろ

              客はな、なにしてもゆるされるんだよ。
              どんなヒドイことしよがムゴイことしようが神様なんだよ
              それが、お客様なんだよ。
              寝ぼけたこと抜かしてるヴォケは氏ね、バカ
              • なあ、前提が間違ってるぞ。
                たとえ神様だろうとて、ヒドイことやムゴイことすれば怨まれ呪われ蔑まれるんだぜ。
                親コメント
              • by j3259 (7093) on 2002年09月18日 11時11分 (#167934) ホームページ 日記
                坊や、ノレンくぐっただけで誰でも客になれると勘違いしてないか?
                うちはね、礼儀を知らん奴とは商売する気ないの。

                他のお客様のご迷惑になりますので、本日はこれにてお引取り下さい。

                親コメント
              • >どんなヒドイことしよがムゴイことしようが神様なんだよ
                >それが、お客様なんだよ。

                ネタとして逃げるのは許さないぞ。

                ずばらしいぞ、その覚悟。
                遺言があれば今すぐ残して置けよ。
                おまえの仕事先に「神様」として今すぐいくから覚悟しとけ。
                「神様」に命をささげよ。

                そんな根性無いだろ、ヘタレ。
                エラそうな事言うな、ボケ。
              • オマエ、アホだろ?
                氏ね、ヴォケが。
            • >そんな簡単な話じゃないのかな。

              いえ、そんな難しい話じゃないです。
              生産者が相対的に消費者より立場が弱いと、供給過少や品質低下を招くと懸念してます。
              その回復にかかる期間たるや、途上国が日本に追い付く機会を与えるに十分です。現在の競争相手に大差をつけられるのも明らかです。
              技術があっても他国に負ける、哀れな姿は「技術立国」と
              • > 外国云々は、自給率でなく、「必ず生産者が居るんだぞ、消費者は恩義を忘れるな」程度の意味です。
                生産者の源、一次産業なくしてその他産業は成り立たない。
                日本が資源に乏しい国とはいえ、外国の一次(二次も!?)産業に依存している。
                一次産業だって、技術者が居るし、必要なのに。
                からはそこまで深読みできませんでした。

                一)資本主義社会の原理として、生産者は常に同業者との競争状態にあり、消費者には店を選ぶ権利があります。 (態度の悪い奴まで相手にする必要はありませんが)生産者が自分から客を選ぶことはできません。その時点で生産者と消費者が対等になるということは不可能でしょう。

                「立場」というものがそもそも曖昧ですが、独占や寡占の状態ならば、殿様商売も可能です。もしくは、植民地相手に何かを売りつける場合も生産者の「立場」の方が消費者よりも高くなるでしょう。 しかし、そのような状態で「供給過少や品質低下」が起こらないかというと、それは疑問です。

                例えば、ソニーのバイオ。人気があるのを良いことに、 供給過小の殿様商売ではないでしょうか?
                帝国時代のイギリスがインドにシャツを売りつけるとしたら、おそらく品質の低いものでしょう。

                結局、「供給過少や品質低下」を防ぐには生産者を競争状態に置くって解決しかないわけで。(一に戻る)

                「技術があっても他国に負ける」ってのは技術そのものが時代遅れであるか、もしくは相対的に見て他国より不利な点があるかのどちらか(もしくは両方)でしょう。
                世界的に見れば、日本は裕福だし、十分技術立国だと思いますよ。 ただ、いつまでも昔の発想から脱却できないと、そのうち取り残されてしまうかもしれませんね。加工貿易で身を立ててきた国の痛いところです。

                何の根拠もありませんが、封建主義的なものの考え方ってのが、 一番の問題な気がします。年上だから偉いとか、上司を立てるとか。上司とか顧客が書いたものでも、仕様がダメならダメと言えなければ技術革新は起こりえないわけで。あと基礎研究も大切ですね。どれだけそういう障害を取っ払って、自由な発想を許していけるかってのが鍵でしょう。

                例えばトヨタ。数年前からエコを唱え、ハイブリッドカーを製品化しちゃっています。未だに強い、でかいで売ってるアメ車の十年以上先をいってると思いますよ。

                親コメント
          • #深夜でバイト2人がてんてこ舞いの牛丼屋に来た若造の客5人組。「何で注文取りに来ねぇんだよ」、「茶がねぇぞ、早くおかわりよこせよ」、「いつまで待たせんだ、バカ」

            どこに問題がある?
            わざわ
      • by Anonymous Coward
        口だけで技術は認めていると言いながら パートのおばちゃんが什器類を管理していて そのおばちゃんが私に机を準備しなければ お前は仕事をする事自体できないだろうと 言われたソフトウェア開発者 会社で仕事する席やマシンって そういうものなのか?と思った
    • 技術立国モデルの破綻 (スコア:3, すばらしい洞察)

      by SteppingWind (2654) on 2002年09月17日 18時38分 (#167599)

      技術者の私がこんなこと言っちゃうのも何なんですが, 技術立国というモデルは既に成り立たなくなっていると思います.

      元もと技術立国という発想は, 少資源という前提から
      原材料の輸入→加工による高付加価値化→輸出
      という流れが根本にあります. 特に加工による高付加価値化については

      • 日本国内で製造を行う
      • 非熟練労働者でも対応可能な分野に特に注力する

      ということが暗黙の前提として有りました. 海外生産のリスクコストが高かった80年代では前者は当然のことでしたし, 規模の拡大を容易に進めるためには後者は必然でした.

      ところが現在では賃金価格の安い海外での生産は当然ですし, また, ある程度の訓練さえ行えば現地労働者でもただちに高品質の製品を生産できるほどの生産技術の蓄積があります. こうなると, 技術開発のみを日本で行って生産は海外というモデルが普通になってきます.

      こうなったら技術立国と言っても, うまみが有るのは企業と技術者だけでしょう. 大方の人は蚊帳の外です. それでも90年代ぐらいまでは第二次産業の人あまりを第三次産業でなんとか吸収できていたわけですが, ここに来てそれも破綻しかかっているというのが実態です.

      とりあえず私一人なら何とか生きていけるとは思いますが, ほかの人の食い扶持まで稼げるほどにはならないというのが, 偽らざる本音です.

      親コメント
      • 技術開発で企業が儲かれば、メーカーで働く人全員がうるおいます。メーカーで働く人たちが儲かれば、その人たちにサービスする人たちもうるおいます。大前研一が言っていましたが、クリーニング屋なんてのは中国に持っていったりできません。事実上輸入できないものや輸入のためのコストが高いものは国内で用意するしかありません。

        コンビニやファミレスでバイトして貯めた金で海外旅行に行けるんですから、それもこれも技術者のおかげですよ。

        営業マン? なんなら中南米の会社に転職してみてはいかがですか。

        せっせと稼いでも、国や銀行や証券会社のせいで失われていったりするわけですけどね。
        親コメント
        • 少々オフトピなんですが・・・

          クリーニング屋は大手がホテルなどのいわゆるリネンサプライを 従来からがっちり抑えている上に、受付業務のフランチャイズ化が 進んで、いわゆる「街のクリーニング屋さん」は皆瀕死の状態です。 特殊な産業構造があるので、こういう場合の例としてはちょっとアレ なんじゃないかと・・・

          # 親類にそっち関係の人がいるんで。

          親コメント
          • 受付業務のフランチャイズ化とはどういうことですか?

            私が前に聞いていた時点では、商店街とかにあるクリーニング屋は実際には自分のところではクリーニングしておらず、工場みたいな大きいところに出していると聞いていました。つまり、受付業務だけ、ってことになります。その受付業務も大手がフランチャイズ化しているということですか。街のクリーニング屋さんのフランチャイズ化のメリットはなんなのでしょう。別にクリーニング屋にブランドもノウハウもなにも必要ないように思えるのですが。

            弁当屋とかどうですか。作ってオフィス街に売りに行けばそれだけで、アジアの屋台とかなんかよりずっと儲かります。

            ところで私はソフトウェア技術者としては日本は競争力がないので悲しいところ。日本でシステムインテグレーションやってるから稼げているだけ、と言われたらグゥと言うしかありません。
            親コメント
            • > 私が前に聞いていた時点では、商店街とかにあるクリーニング屋は
              > 実際には自分のところではクリーニングしておらず、工場みたいな
              > 大きいところに出していると聞いていました。つまり、受付業務だ
              > け、ってことになります。その受付業務も大手がフランチャイズ化
              > しているということですか。街のクリーニング屋さんのフランチャ
              > イズ化のメリットはなんなのでしょう。別にクリーニング屋にブラ
              > ンドもノウハウもなにも必要ないように思えるのですが。

              それはあまりにひどいですね。もともとクリーニング業というのは 単なる洗濯屋ではなく、しみ抜きや痛みやすい生地の衣服のクリー ニングという特殊技能がウリだったのです。そういう意味では、 クリーニング業というのはノウハウの塊です。

              # だから免許制度があるわけで。

              「作りたて」をウリにできる弁当屋と違って、クリーニング業は、 単に洗濯屋としてみる限りにおいては一極集中のメリットが非常に 大きいのです。その陰で先に書いた特殊技能が経済的に成立しなく なってきてしまった、という現状があるわけです。

              もう一度書きますが、

              > 別にクリーニング屋にブランドもノウハウもなにも必要ないように思えるのですが。

              その言葉、帝国ホテルの持ってる顧客専門のクリーニング部や、街で 水商売の女性の服の染み抜きなんかで特殊技能をからくも維持している クリーニング屋さんの前で言えますか?

              # 以上、オフトピ御免。ただあまりにひどい話なので。

              親コメント
    • 単純に管理の方が高額ってだけでは?

      人間を管理するという高度な技術職に付く割合が、理系より文系に多いし、高給取りとなるってのも理解に難くないです。

      会社の一部門の単純(頭脳)労働者より、会社全体を見る技術(管理)職のほうが

      • by zeissmania (3689) on 2002年09月17日 17時55分 (#167581)
        いや、基本的に技術職のいない(若しくはごく少数)の企業、銀行、証券、商社の平均給与と、技術者が大半を占める製造業の平均給与を比べてみれば一目瞭然です。
        生産者より販売者の方が利益が大きいという、昔ながらの経済構造の結果でしょう。
        親コメント
      • 管理職とは言っても、部下にハッパかけるだけで高給取ってのうのうとしてる罠。
        なら責任とって詰め腹切ってもらおうか、前職の部長さん。
        • > なら責任とって詰め腹切ってもらおうか
          てなことがあるから、高給取ってても割に合わない場合が結構あったりします。
          管理は管理で辛いのよ。部下、何しでかすか分かったもんじゃないし。

          # ハッパかけられる年下の部下が欲しいのでAC
          • >> なら責任とって詰め腹切ってもらおうか
            >てなことがあるから、高給取ってても割に合わない場合が結構あったりします。

            窓際族なのに高給取りの管理職って、詰め腹切らせるために雇ってんじゃないかとすら思える。
            ホントに管理能力
      • > 単純に管理の方が高額ってだけでは?

        アメリカでは管理者より高い給料の技術者も多いはずです。日本には勘違い管理者/経営者が多いという事でしょう。ま、管理職の給料が高いと言うよりできる技術者の給料が安過ぎるのかもしれませんが。

        # そう言えば、青色発光ダイオードの発明者はアメリカにいって
        # ニックネームに「奴隷」とついていたらしい。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...