パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

書籍・雑誌の発売日、中国・九州地方ではさらに1日遅れに」記事へのコメント

  • 昔ならどうしようも無かったでしょうが
    今の時代なら原盤を電子データ化して
    山口あたりの印刷所に送ればよいのでは。

    それなら九州だろうと中国地方だろうと
    さらに1日遅れどころか、今までの遅れを戻して
    発売日どおりに売れたりするんじゃないかと。

    あくまで素人の思いつきではありますが・・・
    それとも物理的に無理な何かの制約があったりするんでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      昔からどうにでもできましたよ。

      オフセット印刷の原版はそんなに耐久性無いはずですから、
      大量印刷の場合は何個も複製を作っているはずです。
      ジャンプなんかは、複数の印刷会社で印刷していました(今もしてる?)し。

      原版だけもって移動するようにすれば、スケジュールを1日程度ずらすだけで
      全国一斉発売は十分可能だったはず。

      面倒くさかったか、情報漏洩を心配してやらなかっただけでしょう。

      • by Anonymous Coward on 2019年03月11日 14時24分 (#3578624)

        今ならオフセットの原版も現地で作成できますしね。
        ですが、原版よりも各地にある印刷機から出力されるものを統一する方がよっぽど大変です。
        同じ印刷機でも場所柄(温度・湿度)で色味が変わってくることもあるのでその調整が一番大変。
        それでも職人が見たら、どこで刷ったものかわかるそうです。(自分には全くわからない)

        日本の印刷業は保守的なところが多いです。
        ま、そんな保守的な会社からどんどん潰れていってるので将来日本各地で同時に印刷なんてこともできるようになる時がくるかもしれません。

        親コメント

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...