パスワードを忘れた? アカウント作成

「パソコンがない時代、どうやって仕事してたの?」」記事へのコメント

  • 初めて触ったCADが Solidworks だった。
    履歴ありの3Dが当然の私にとっては、2Dでの設計さえ苦痛。
    ましてや手の時代なんて。

    その時代のマウンティングは、
    図面のダメ出しで上からバッテン書くことだったそうだ。

    • 会社で定年を迎えた方が、昔は回路図を手書きでしていて大変だったと言っていました。
      回路図を修正(改版)するときは、コピーを取って消して追記して…というのを繰り返ししていたとか。
      修正を繰り返していると点がにじんで消えてしまうから、接続点をクロスさせないとかのその当時由来のルールが残ってたり。
      • 父親が機械製図の人でした。
        数字やアルファベットはテンプレートで書いたかのように、全く同じ形と大きさで書けてたのがすごかった。

        ある頃会社にCADが導入されて、それまで会社に大量にあったドラフターがお払い箱に。
        近くの工業高校に寄付したそうですが、そちらでもわりとすぐに廃却されてたらしい。

      • by Anonymous Coward

        入社したころは機械図面も回路図も手書きで設計してました。回路図・プリント板CADと2D/3D機構設計CADの導入担当をやったのでその後はミニコンとか汎用機で設計しましたけど、PCベースに移行したころは現役設計者引退してた。

        コーディングシートに書いてから入力したのは大学のFORTRAN実習のときくらい(任意の場所で書いて、できたらパンチ室に持ち込んでJUKIのカードパンチャーで打つ。終わったら入出力室に行きカードリーダーにかける。おいてあるジョブ実行状況表示モニタを見てジョブが終了したらプリントを口頭で依頼する。LPから出てきた紙を受け取る...後半蛇足)。
        その後、TSSダム端末(紙)をいじれるようになった→TSS端末(CRTでローカル保存用にFDDがついた奴)→マイコンでFORTRAN-80が実行できるようになった(あと略)という「進化」もあったな。

        なお、4004時代のインテルではデバイスの回路図やレイアウト図、マスクパターンのカットなど全部手作業だったらしい>例の島正利氏の本。

      • by Anonymous Coward

        回路設計の仕事してますが、その道のプロは今でも結構回路図を手書きしてます。
        もちろん手書きで仕上げるわけではなく、検討したり思考の補助としての道具ですが。

        この界隈は大学教授だろうが、海外のベンチャーだろうがどこでも同じですね。
        打ち合わせ時はホワイトボードに手書きで回路や数式書いて電卓叩いて議論ってのがスタンダード。
        CADとパソコンだと、人間の思考や議論の速度についてこれないのでNG。

      • by Anonymous Coward

        Web上で見かける回路図やデータシートに乗ってる回路図も、
        JPEGなどの画質劣化や拡大縮小のエイリアスや、
        表示解像度に対して接続点が小さいなどで、
        交差と十字接続点が区別困難な回路図がちょくちょくある。
        スキャンが載ってるWebサイトやデータシートは言わずもがな。

        それとは別に、そもそも交点に点を打たないのも居るしな……
        初見でわかんねぇよ………

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...