パスワードを忘れた? アカウント作成
11573317 story
プログラミング

恐怖駆動開発、あなたの体験は? 117

ストーリー by headless
恐怖 部門より
本家/.「Ask Slashdot: Have You Experienced Fear Driven Development?」より

数年ほど前、東南アジアで規模の大きなWeb開発プロジェクトに参加した。正式にはアジャイル/スクラム開発手法が取り入れられていたにも関わらず、実際の開発はマネージャーが押し付けてくる恐怖で駆動されていた。Scott Hanselmanの定義によると、恐怖駆動開発(Fear Driven Development: FDD)には以下のような3種類がある。

  1. 組織的な恐怖: 開発者はミスを犯すことやビルドを破損すること、バグを生み出すことを恐れ、組織は書類の作成に注力して過剰なプロセスを生み、コードを書くことを妨げる。
  2. コード変更の恐怖: 既存のコードを変更することで予期しない副作用が発生する可能性や、修正済みのバグが復活する可能性などにより、開発者はストレスを感じる。コードベースが古く、内容をよく理解できていないことなどが原因。
  3. 失業の恐怖: 組織が解雇をちらつかせて開発者に長時間の重労働を強いる。開発者がまともに動作しないコードをチェックインしたり、失敗を認めたくないマネージャーがデスマーチに導くといった結果になる可能性がある。

私が参加したプロジェクトは当初予想の4倍の期間がかかり、1日18時間、週6日労働になることもあった。FDDは定着しているのだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 23時09分 (#2680261)

    >組織は書類の作成に注力して過剰なプロセスを生み

     ソース内のコメントミスを1箇所修正するのに
    ・修正仕様説明資料とその打合せ議事録(1,2次受けに2種類)
    ・第三者込みのソースレビューと議事録(1,2次受けに2種類)
    ・単体/結合/システムテスト仕様と議事録(1,2次受けに2種類)
    ・単体/結合/システムテストの品質報告資料と議事録(バグ0の説明が必要w)
    ・単体/結合/システムレベルでの性能評価資料と議事録(劣化無しの説明が必要w)
    ・単体/システムレベルでのセキュリティ報告資料と議事録
    ・水平展開調査資料とその打合せ議事録(1,2次受けに2種類)
    ・バグ発生原因の追求資料とその打合せ議事録と発表会と発表会の議事録
    ・出荷の申請書とソースマスタ変更依頼
    ・出荷の作業手順書と議事録
    ・顧客説明資料とその打合せ議事録
    ・出荷の客先入館申請書
    ・出荷の結果報告書
     とまぁ、うんざりする程の資料を作らされる某プロジェクトの事ですね。

     ついでに言うと
    1.コメント変更前後に影響が無い事を証明するために、バイナリのハッシュ比較をする
    2.ハッシュの衝突で無いことを証明するために複数種のハッシュ関数を使う
    3.ハッシュ実装のバグで無い事を証明するために、異なるOS(Win/Linux)上でハッシュを取る
     とか、やらされた時には、コイツら病気か?と思った。
     なお、作業結果はA4資料数枚にわたって仔細な手順付き資料を作った上で、1,2,3次受け全員(10人位)を集めて検討を重ねた……。
    ※結果はNG、客にコメントミスを(悪印象になるから)報告できないからだってさ
    ※※という結果なので、顧客に金が貰えず、埋め合わせで作業単価の下方修正を強要される

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 20時02分 (#2680183)

    というやつですね。ピープルウェア [amazon.co.jp]にあったので覚えてます。

    ググったら丁度紹介されている方がいたのでリンク [geocities.jp]を張っておきます。
    15世紀位(おそらくその前から)からある伝統的手法です。

    まともな技術者は逃げてしまうので長期的には非効率的な筈ですが、中々なくなりませんね。
    どうしてなんでしょう。

    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 20時56分 (#2680210)

      給料が安かったりして元々優秀な人があまりいない職場だと有効な方法なのでしょう。
      それで元々少ない優秀な人が逃げてしまい、うまく仕事が回らなくなるとますます
      締め付けを厳しくするという悪循環に陥ります。

      マネージャーを選ぶときも頭がよくて優秀な人がいればいいのですが、そういう人がいない場合
      声が大きいとか、ケンカが強いとかの人間をマネージャーにして恐怖駆動開発をやらせます。

      親コメント
      • Re:スペイン流管理手法 (スコア:5, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2014年09月20日 22時22分 (#2680237)

        この業界に実業団のラグビー部やアメフト部を抱える会社が多い理由が判った気がします。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          +1.

          その発想はなかった。納得です。
          実業団を持ってる=余裕がある、に違和感があったのですが、これは納得。

    • by Anonymous Coward

      じゃじゃ~ん!まさかのときのスペイン流レビュー!われわれの監査項目は1つ!

    • by Anonymous Coward

      むしろタイトパッカーとルースパッカーと言ったほうがしっくりくる。
      どっちみち奴隷だろ。
      最近も難民が海に投げ込まれる事件がおきたけど、海の上では損耗より恐怖でコントロールしやすくしたほうが効率がいいんだろ。
      人気言語の場合代わりはいくらでもいるんだから消耗品扱いされるだろうな。

  • 恐怖駆動開発だろうが何だろうがサービスイン出来ればこっちのものという考えもあるんでしょう

    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 17時55分 (#2680126)

      技術的負債が積み重なると、サービス拡大やその先で問題となることも多いんですけどね。
      こんな開発手法じゃ、そこまでたどり着けた例が少ないから、あんま問題になってないとかだったりして。

      # ソシャゲ業界の話で、黎明期の頃はどんなゲームでも売れたけど、「サービスインできるだけの会社」はアクセス数に耐えられずバタバタと死んでいき、「アクセス増に耐えられるだけの基盤を持った会社」だけが現在に残っている、とか聞いたので、完成さえすればOK的なのは結構危ない。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 18時05分 (#2680128)

    俺は悪くないぞー
    マネージャーがやったことは恐怖駆動開発って言われることだぞー
    だから俺は悪くないぞー

    いや、気持ちはわかりますけどね……。

    • by Anonymous Coward

      そこまで先回りしてコメントする気持ちはよう分からん…

  • 私自身の経験としては、デスマーチはありますが、恐怖を感じたことは皆無です。

    そもそも恐怖 って何?、職場に恐怖なんてあるの?と思って、逆の概念として"信頼"ってのを考えてみました。信頼駆動開発です。

    1) 組織的な信頼: 開発者はミスやビルドの破損、バグを生み出すことを恐れていない。
    なぜなら、組織は書類の作成にも注力しており、信頼できる仕様・テストケースがあり、開発者は各自安心してコードが書ける。

    2) コード変更に対する信頼: 既存のコードを変更すること生じうる、予期しない副作用・バグが復活は簡単に検出・修正できる。
    開発者はストレスとは無縁である。
    なぜなら、コードベースが古かったり、実装がよく理解できていなくても、
    信頼できる仕様書・テストケースがあるため、副作用やバグは自動で検出でき、すぐに修正できるからである。

    3)組織への信頼: 組織は契約に基づいた労働しか求めない。
    開発者がまともに動作しないコードをチェックインしても、それはユニット単位でのテストで検知でき、
    マネージャはユニット単位で修正を指示するだけ。
    コードを書く人、テストする人、修正する人、マネージャ、各自割り当てられた業務を粛々とこなすだけである。

    こうやってみると、
    - 同僚やチーム全体を信用も信頼もできない
    - 自身にも彼らと上手く連携して仕事を進めるためのスキル(コードの質とか、テストや仕様書の作成能力、改善の提案能力)がない
    場合、その開発者は恐怖駆動に陥ると言えるかも知れません。

    心理学的には、恐怖とは人間の防衛機制から生じるものです。
    ここからは意地悪な解釈ですが、恐怖駆動とは
    自分のスキルを超えた、自分ではコントロールできない状況(つまりデスマーチ)に陥った不幸な人が
    本能的に「自分は悪くない、同僚やチームが悪い(=信用できない)」と自己に言い聞かせて、現実逃避した結果であるようにも思います。

    とにかく、私は良い職場に恵まれたようです :-)

    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 21時44分 (#2680229)

      「お前バカだろ」とか「愚かしい」みたいなモデレートが欲しくなるな

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 22時23分 (#2680238)

      1,2の理由に書いてある「信頼できる仕様・テストケースがあり」と、
      3の「粛々とこなすだけ」ができるのも「信頼できる仕様・テストケースがあり」
      ということだろうから、なんだかんだ言っても

      「信頼できる仕様・テストケースがあり」

      という一点がクリアされれば、何とでもいえるってことかな。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ネタでも本気でも少し休んだ方がいいと思うよ。

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 18時34分 (#2680138)

    ソフトウェア工学を歪めているのは、ソフトウェア工学の実践の場である開発の場で、
    「こうもり」行為をする人間では無いか。

    #もちろんこうもりさん自体をdisっている訳では有りません。自宅近くの川の暗渠が
    #切れた辺りに居て、夕方なんか川の上をひらひら飛んでいるのは風情があります。
    #あくまで比喩での「こうもり」です。

    「こうもり」行為とは、
    ・客先では開発側の人間を気取り、
    ・開発現場では客側の人間を気取る
    行為で、

    これをすると、
    ・した人間には一切責任が加わらない。
    ・その代わり、何一つ生の情報が入らず、針の音程度でも魂切る位驚く。
     驚くだけならいいけど、その驚きを他人のせいにする。
    ・テスト設計に関して最高の位置に居る(客と開発の接点)にもかかわらず、
     何もしない。何もしないだけならいいけど、テスト設計の肝の情報を握り
     潰す。
    ・以上の経緯から、周りに(漠然とした)恐怖をまき散らす。それを何とか出来る
     情報に接する唯一の人間なのに、なにもしない。
    ・しないことを誇りにすら思っている。

    こんな人間が居ると、ソフトウェア工学の実践上、良いが悪いになり、悪いが良いに
    なり、へんなメッセージをアカデミアの人間に発する事になってしまう。

    別に全ての人間にプログラム開発をしろとは言わないが、が、「こうもり」行為だけは
    困る。

    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 19時03分 (#2680163)

      「こうもり」行為とは、
      ・客先では客側の人間を気取り、
      ・開発現場では開発側の人間を気取る
      行為です。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年09月21日 6時21分 (#2680345)

        「こうもり」行為とは、

        両親をデスマーチで殺された少年が、デスマーチ根絶を誓い、
        修行したり、資産家になったりした後に
        高性能スーツに身を包んで、夜な夜なアレなSEとかPGとかクライアントを仕置きする

        行為です。

        #こんな俺でも今では立派なプロジェクトマネージャー
        ##でもプロジェクトは炎上するのだ

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 20時10分 (#2680191)

      >・客先では開発側の人間を気取り、
      >・開発現場では客側の人間を気取る

      良いマネージャすぎてワロタw

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        だから、これをいいと思うのが大問題です。
        客先、現場、どちらの場面でも無責任に
        なる点が問題です。

        たしかに正調の「こうもり」は、
        〉・客先では客側の人間を気取り、
        〉・開発現場では開発側の人間を気取る
        で、こちらなら問題ないですが、

        自分の言っている、
        〉・客先では開発側の人間を気取り、
        〉・開発現場では客側の人間を気取る
        だと、常に当人は傍観者になり、場所ふさぎ
        にしかならないです。(ネゲート基準の
        こうもりです。)

        悪いを良いと思い込んでいるから、何時までも
        同じ事が繰り返されるのが判らないのですかね!

        悪いを良いと判定するソフトウェア工学は
        世に仇なす有害な知識です。

        • by Anonymous Coward

          ナニいってんの(笑)

          • by Anonymous Coward

            だから、

            寓話のこうもりも
            鳥に対しては地を這うものといい、
            地を這うものに対しては鳥といい、
            あの丘の向こう側を見てみたくないか?
            とか言ったら、評価も全然違うだろう、

            という話です。

        • by Anonymous Coward

          要は全権を握っている傍観者ってことだよね。
          双方で「気取っている」だけでその側には立っていないという。

          でも、そんな程度の人間を全権を握った立場から追い落とせないのは、
          よほど開発者の力量が低いか、超恐怖駆動の組織でしかありえないと思うけど。

    • 「こうもり」行為はソフトウェア工学の問題か?そも工学の対象ですらない。

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 18時38分 (#2680139)

    うまく動くように祈る。機能がバグっているけどばれないことを祈る。
    ここをこうすればよくなると信じている(が動かない)。何故かこれを消すと動かない。
    誰かやってくれることを祈る。確率的に運がよければ動くから信じろ。

    どこまで行ってもこの宗教はなくならないな。

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 18時53分 (#2680154)

    色々と理由はつけてるけど、案件の難易度にあったスキルとレベルのPGをアサインできなかった、ってだけじゃ。
    改修案件で元のソースを理解できないとか、ビルドエラーが取れないコードをコミットするとか、もう駄目駄目じゃん

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 20時18分 (#2680198)

    >1日18時間、週6日労働になることも
    なんだ、まだ1日もマージンがあるじゃないか
    そんな退屈な仕事じゃ評価対象にもならないという恐怖が襲ってきそうだ

  • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 20時41分 (#2680206)

    初めてのお仕事の時のこと。
    ある意味その会社はかなりヤばいところだったけど、金払いはよかった。「いつまでにできる」と社長に約束して開発に取り掛かった。
    先輩は自分より一日先に仕上がる予定であり当日を迎えた。

    先輩「すみません、あと少しでできます」
    社長「お前ができるといった日だぞ!!」

    と言うことで、ハードパンチが飛びまして、先輩は私の机の横でボコボコに。(血が飛んできた)

    社長「明日はオマエだな?できるだろうな?」
    私「はい、できますっ」
    社長「がんばれよ」

    まさしく恐怖駆動開発でした。
    分からないところは聞くなり作ってもらうなりしてなんとか間に合わせてギリギリセーフ。
    もうやめてかなりたつけど、あの会社知らない間に大きくなってたwwww。
    懐かしいなぁ・・・

    • by Anonymous Coward on 2014年09月20日 21時48分 (#2680230)

      遅れるなら事前に報告すればよかったのにね。
      社長は遅れたことに怒ったんじゃなく、余裕持って相談されなかったことに怒ったんでしょ。

      親コメント
      • Re:ハードパンチ (スコア:5, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2014年09月20日 22時39分 (#2680252)

        いや、そんなことより、単に傷害事件なのに。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        ミスをしたら流血沙汰
        注意するときは拳で語り、殴られた本人には何が悪かったのか伝えない

        あなたのところの会社名教えてほしいわ
        そんな会社には間違っても入社したくないから

    • by Anonymous Coward

      守れない日付約束するからだ。5割増しくらいの日付で約束すべきだった。
      ソフト業界くらいじゃないかな日付がずれても許される文化があるのは

      • by nim (10479) on 2014年09月20日 22時31分 (#2680243)

        タイムゾーンも暦も指定してないから、いくらでも言い逃れができます。
        ましてシステムだとアプリケーション日付(05:00-30:59みたいな)というものもあるし。

        親コメント
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...