パスワードを忘れた? アカウント作成

アレゲ住宅に必須な設備は?」記事へのコメント

  • by Technobose (6861) on 2020年01月13日 18時20分 (#3744444) 日記

     コンピュータ等に関することでいうと、うちは各部屋にLAN配線とアンテナは引き回しています。いわゆるコンセントとまとめて設置したけど、廊下とかには天井のあたりにRJ45のコンセントと重量物を設置するための補強をしておけば、今後出てくるだろう家庭用のIoT機器とかの設置がしやすかったと思いますね。
     介護用機器のことも考えると、トイレや脱衣所にもRJ45のコンセントが必要かも。今のトレンドを考えると、おそらく他の機器や監視センターと通信するような介護機器が出てくると思うけど、そういう通信を無線でやるよりは有線の方が精神衛生上良いしPoEで電力も供給できるよね。

     LANのHUBはクローゼットの中にコンセントを設置して、ルーターやHUBをまとめて設置できるようにしたけど、アンテナもまとめておけば良かった。そうすれば録画用パソコンもまとめられました。
     それと家庭内LANを統べるHUBは自由に選べるようにしておけば良かった。具体的には各部屋につながるLAN配線は、壁に穴をあけてルーター設置箇所にまとめて引き出していて、メーカー純正のギガビットHUBにつないでいます。これはLANと電話の集線機器で、壁面にあけた配線用の穴を塞ぐように、機器の裏から配線を引きこんでHUBに結線するようになっているのですが、これが壊れたら電話工事もしないとHUBを交換できないんだよね。
     これは失敗でした。今だとVLAN付きとかのHUBも安いし交換したいけど、電話工事ができないから交換できない・・・(電話工事は無免許ではできなかったよね)。それに配線で引き出すのではなく、パッチパネルにしておけば配線しやすかったよね。
     次にしておけば良かったこととして、家の中から外にアンテナ線やLAN配線をDIYで引き出せる配管とかしておけばと思います。アマチュア無線の基地局を始めたいので、そういう配管を考えていたけど、打ち合わせで出すのを忘れてしまった。
     プリンタとかFAXの置き場だけど、廊下とか玄関とかの共有スペースに設置場所を確保して電源、RJ45、RJ11のコンセントを付けておいた方が良いですね。家は家族で共有するためにレーザー複合機をリビングに置いてるけど、結構場所をとるしうるさいし、リビングに置くのは失敗でした。

    ☆以下、建物自体の話。
     家自体の性能という強度という視点では、おそらく北東北地方で建てられるプレハブ系住宅でセキスイハイムの鉄骨系は最も強度が高いと思います。
     私が建てるときグランドピアノを床の補強無しでおけると言い切ったのはセキスイハイムだけで、かつ標準状態で二階にもピアノをおけるとのこと。家族の仕事の関係でピアノを複数台置く必要があったので、これだけでセキスイハイムに決めました。
     実家の積水ハウスと比較して、地震の際の揺れは全然違いますね。積水ハウスは軸組構造なので、建物がしなって揺れを吸収するので、在来工法と同じように揺れるけど、セキスイハイムは建物を構成するユニットががっしり結合されていて、揺れるときは建物全体が地面と一緒に揺れるので、揺れてもそれほど怖さを感じません(乗り物の揺れと同じ感じ)。ダイワハウスと積水ハウスは同じような軸組工法なので揺れ方は同じと思います。
     セキスイハイム以上の強度を求めるとなると重量鉄骨とか鉄筋コンクリート造とかになると思いますね。
     家電を使う際に問題になるコンセントだけど、当時セキスイハイムはコンセントをいくら付けても価格は変わらないと云ってましたので、思いどおりコンセントとアースを付けられました。
     で、積水ハウスと比べて、ちょっと思うのが内装工事の大工の当たり外れが大きい点ですね。親戚の大部分が積水ハウスで建てていて、今まで特に問題なかったけど、うちは棚の取付とかでひどかった。どうしてオプションの組立家具を取り付けるのに、かんなで現物合わせしてんの、というのが二・三カ所あります。
     まあ、東日本大震災で建物自体の強度性能のおかげで、当時乳児だった子ども達に寒い思いも怖い思いもさせずに済んだので満足してるけど。
     で、もし、セキスイハイムで建てるなら外壁はタイルにしたほうが良いです。建てる際の費用は高くなるんだけど、標準外壁の場合、十年毎に外壁を塗り直す必要があるのでメンテナンス・コストがかかる。かといって後からタイル外壁するとなると数百万はかかるので。

    ここに返信
    • by Technobose (6861) on 2020年01月13日 19時08分 (#3744471) 日記

       もし太陽光発電とかコ・ジェネとかで独立して発電できる設備を付ける場合、非常用コンセントをつけるならリビンクかキッチンにつけることをおすすめします。
       今時のファンヒーターストーブとか100vが無いと暖房できないし、災害時、テレビを使えるだけで安心感が違います。
       通常の太陽光発電のパワーコンディショナーは出力が1500wまでらしいので、電子レンジとかは使えないけど、テレビや冷蔵庫なら発電容量によっては使えるはず。万が一の時、テレビや冷蔵庫に電源を供給できるようなレイアウトにしておくと安心です。
       ちなみに以前にも書きましたが、東日本大震災の際、秋田でも朝七時頃には発電が始まり200w程度の出力を確保できました(パネルは4.5kwほど)。うちはこれでテレビを付けたり携帯電話の充電をできました。ああいう状況でテレビで情報収集できるのは、すごく安心できますね。
       それと、太陽光発電などを付けたら、系統連携を切ったりつないだりする方法を家族で覚えておくことが必要です。せっかく付けていても、災害時に利用できることを知らないと使えません。知り合いでも太陽光発電の自律発電の機能を知らずに東日本の際、使えなかった人がいます。

      • by Anonymous Coward

        太陽光に直接ファンヒーターはNGです。
        なぜなら、停電状態になると空冷ファンが停止し、熱がこもって温度ヒューズが切れる場合が有ります。

        # 正弦波UPS経由で使いましょう。

        • アドバイスありがとうございます。
          UPSがあると出力変動を緩和できるわけですね。参考になりした。

          • by Anonymous Coward

            自立運転ですが、太陽光のみの場合、薄雲などで発電量が減少すると前兆なしに突然停止してしまいます。
            停止した場合は、毎回自立運転を開始する必要があります。
            ファンヒーターも停電で即座に壊れることはあまりないとは思いますが、あまり頻繁に起きると問題が起きると思われます。
            UPSを利用する事で自立運転の再開までの時間か、ファンヒーター消火後の冷却時間を稼ぐのに利用出来ます。
            正弦波UPS限定なのは、モーターが誘導モーターだったりするので、正弦波でないとモーターが正しく回らない事が有る為です。
            モーター負荷なのでUPSも相当余裕をみた容量がないとUPSが停止するかもしれません。

            また、自立運転時は別途工事しないと、パワコン本体か近辺のコンセントからのみ出力になります。
            標準工事だとパワコン設置個所から延長コードを引っ張る事になるのでその事も考慮しておく必要が有ります。
            たとえば、自立運転コンセントを冷蔵庫とかTVとか携帯充電のしやすい場所等へ設置できるなら設置した方が利便性は高いかと思います。

    • by Anonymous Coward

      築35年の実家をリフォームしましたが、似たような感じです。

      リフォーム前は

      ・テレビのアンテナ線は1階のLDKと和室のみ(2階のテレビは室内アンテナ付けてた)
      ・LANケーブルはなかったが、親子電話の時代だったので、
      リビングと2階の廊下にモジュラージャックがあった
      この壁の中のパイプを使って1階と2階の間にLANケーブルを引き、
      2階の部屋でも有線接続できるようにした
      (ただし、廊下だったのでハブは置いたが電源は他の部屋から取る羽目になったし
      各部屋までLANケーブルが伸びていた)

      リフォーム後もLANケーブルはこれを踏襲というか発展させ、
      リビングの壁にLANポートを付けて壁の中を通して各部屋にのLANポートと配線しています。
      リビングの壁に4つLANポートがあり、ハブとつながっているので見栄えは悪いですが
      リフォーム前も似たような状況だったし、ケーブルモデムやハブを交換する可能性を
      考えるとこれがいいだろうと判断しました。

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...